素行調査の探偵事務所を10社比較

MENU

吉田羊の年齢や結婚などについて

素行調査,探偵事務所,比較,

吉田 羊(よしだ よう、2月3日 - )は、日本の女優。
本名は吉田 羊右子(よしだ ようこ)。
愛称は「ひつじ」。
ORANKU所属。
福岡県久留米市出身

 

経歴[編集]
映像デビューに至るまで[編集]
久留米信愛女学院高等学校出身[2]。学生時代に初舞台を踏んで以降、
舞台、ドラマ、CM、映画などに出演。演劇プロデュース東京スウィカ旗揚げメンバー(2007年卒業)。
本格的な映像デビューのきっかけは、2007年4月に上演された3人芝居
『とんでもない女』(川島なお美・下條アトムと共演)。
この舞台を見に来た監督に見初められ、同年10月に始まった昼ドラ『愛の迷宮』(東海テレビ)に
準レギュラー出演。
また、同年4月より株式会社ORANKUに所属となり、以降、映像中心の活動となる。

 

転機[編集]
その後、大きな転機となったのは2008年に出演したNHK連続テレビ小説『瞳』。
その中で演じた三浦看護師役が、ドラマをリアルタイムで視ていた俳優・中井貴一の目に留まる[3]。
その後、中井の紹介で脚本家・三谷幸喜にも出会い、少しずつ認知されていく[4]。

 

2009年3月、三谷幸喜率いる劇団「東京サンシャインボーイズ」の15年ぶりの復活公演のキャストに抜擢。
サンシャインボーイズの充電前最後の公演「罠」に出演した役者が
全て揃うことを条件に立ち上がった同企画において、ただ一人の外部ゲストとして注目された。

 

その後、三谷が連載する朝日新聞のエッセイにも何度か名前が挙がり、
復活公演を観られなかったファンにもその名前が知られることとなる。

 

2011年3月・4月には、三谷幸喜生誕50周年を記念して発表された舞台「国民の映画」に出演。
権力に愛され勘違いしてしまう悲しき新進女優エルザ・フェーゼンマイヤーを演じた。
2014年の同作の再演では、国家社会主義ドイツ労働者党の宣伝大臣ヨゼフ・ゲッベルスの妻マグダ・ゲッベルスに役が変わっている。

 

2011年から2012年にかけてNHK大河ドラマに2年連続で出演。
2012年10月からはNHK連続テレビ小説『純と愛』にクールな女上司、
桐野富士子役で出演し、2013年4月放送の同ドラマのスピンオフ作品『富士子のかれいな一日』では主演を務めた。
2014年7月期のフジテレビ系月9ドラマ『HERO』で城西支部唯一の女性検事・馬場礼子役に抜擢、
11年ぶりに髪を切りボブカットにして臨み、一躍注目を集めた[5]。
2014年10月にはフジテレビ系『オモクリ監督 〜O-Creators TV show〜』でバラエティ番組への初のレギュラー出演を果たす[6]

 

人物[編集]
趣味はアンティーク着物、落語鑑賞、スキューバダイビング[1]。
資格は漢字検定2級[1]。
好きな俳優は光石研や西島秀俊、田中裕子[7]。
好きな歌手は椎名林檎、Mr.Children[7]。
1人カラオケによく行く。カラオケの十八番は椎名林檎の「罪と罰」と中島みゆき[7]。
「起用する側に好きに年齢を捉えて欲しい」ため、生年を非公表としている[8]。
年賀状は本人が干支のコスプレをしたものを毎年作成している。
納豆が大好きである。